頭痛、めまい、ふらつき、しびれ、物忘れ、脳血管障害、高血圧など不安があれば、兵庫県三田市の脳神経外科『なかじま脳神経外科クリニック』。オープンMRI検査、血管年齢検査、脳卒中リハビリテーション、運動器リハビリテーションなど行っています。ご心配な方は今すぐお気軽にご相談ください。TEL:079-565-0105 JR宝塚線「三田」駅徒歩すぐ
オープンMRI検査対応。頭痛、めまい、脱力、しびれ、物忘れなど ご相談ください

オープンMRI検査対応

  • 頭痛
  • めまい
  • 脱力
  • しびれ
  • 物忘れ
  • などご相談ください。

頭痛、めまい、脱力、しびれ、物忘れ等 お一人で悩まず、お気軽にご相談ください!

  • ホーム »
  • 診療のご案内 »
  • 頭痛、めまい、脱力、しびれ、物忘れ等 お一人で悩まず、お気軽にご相談ください!
頭痛

頭痛

  • 片頭痛・群発頭痛・緊張型頭痛、これらが、いわゆる「頭痛持ち」の頭痛です。
    専門的には機能性頭痛と呼ばれています。頭の血管の収縮や拡大が引き金になるものや、心身のストレスによるものなど、原因は様々です。
  • 脳腫瘍やくも膜下出血などが原因で起こる頭痛もあります。これらは速やかに診断し、適切な治療を行うことがとても大切になります。
頭痛イラスト
めまい

めまい

めまいは、自分自身や周囲が動いていないにも関わらず、バランスを保つ三半規管などの異常により、動いているような違和感を感じ、平衡感覚を失った不快な状態を言います。
めまいの原因の多くは内耳性のめまいですが、脳梗塞や脳腫瘍が原因の事もあります。
これらの脳の病気がないかなど、速やかに検査することが必要です。

めまいイラスト
しびれ

しびれ

しびれの原因の多くは、頚椎症や腰椎症などの脊椎疾患が多いですが、脳梗塞、脳腫瘍、脊髄腫瘍が原因の事もあります。

しびれイラスト
物忘れ

物忘れ

「最近自分の物忘れが気になる」、「肉親に物忘れの症状がある」など、そういったことで悩まれている方が多くみられます。
物忘れが加齢による物忘れなのか、認知症による物忘れなのかを検査(長谷川式簡易テスト、MRI検査)します。
認知症の原因として、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症などが主ですが、脳腫瘍や正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫が原因であることもあります。
アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症は薬剤治療を行います。
脳腫瘍、正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫が原因の場合、外科的治療が必要な事もあります。その場合は近隣の連携医療機関へご紹介いたします。
物忘れがあると、攻撃的になり暴れたりし、家庭内ではどうする事も出来ないようになる可能性もあるため、早期に診断治療が必要です。

めまいイラスト
▲ページトップに戻る

脳卒中になられた方は、今後の再発予防を行っています

脳卒中になられた方は、今後の再発予防を行っています。
後遺症(障害)で拘縮や痛みのある方には、薬物治療やリハビリテーション(物理療法)を行います。
物理療法には、低周波治療器、干渉波治療器、ウォーターマッサージベッドを行います。
他院(回復期リハビリテーション病院)で作成した下肢装具の破損や、当たって痛みや皮膚に赤みがあり悩まれている方がございましたら、相談してください。

●診察の流れ

主な診察の流れは下記の通りです。

  • 受付
  • 問診
  • 診察
  • 検査(MRIなど)
  • 診察
  • 会計

診察後、リハビリテーション(物理療法)が必要な方は、リハビリテーション(物理療法)を行っていただき、会計の運びとなります。
リハビリテーション(物理療法)のみの方でも、お気軽に来院してください。

▲ページトップに戻る

MRI検査の種類について

頭痛の中に、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍が原因の事もあり、めまいでは脳梗塞、脳腫瘍が原因の事もあり、しびれでは脳梗塞、脊髄疾患(脊髄腫瘍、椎間板ヘルニアなど)があり、認知症では、水頭症、慢性硬膜下血腫に伴うものがあります。
これらの疾患は、画像評価が必要であり、MRIで発見する事ができます。
また、なかにはMRAで未破裂動脈瘤や血管狭窄が見つかったりします。
病気が見つかると、早急な治療が必要なため、症状があるとMRI、MRAの評価の必要があります。

MRIとは、頭の中の病気(脳腫瘍、脳梗塞など)を見つける検査です。CTと同じような画像です。
CTではX線を用いますが、MRIでは磁力を使います。
MRAとは、脳の周りの血管を映し出す検査で、脳動脈の瘤や血管狭窄を見つける検査です。

トンネル型MRIについて

トンネル型MRI

MRIは超電導磁石による装置が主流で、この形式から発展してきたため、現在でも磁石の形状であるトンネル型が一般的です。
トンネル型の磁石は製造が容易で高性能を達成しやすいので、高磁場装置では多く用いられています。
しかしながら検査を受けられる方の中には、狭いトンネルの中に入るのが苦手な方もいらっしゃるようです。

オープン型MRIについて

永久磁石は超電導磁石と異なり、装置のデザインを自由にできます。
このため、トンネル型ではない新しいMRIの形「オープンMRI」が可能になりました。
オープンMRIは広く開放した環境で検査が受けられるので、狭いところが苦手な方や小児やお年寄りなど、MRI検査が苦手な方にも配慮しています。
当院では、このオープンMRIを導入し迅速な診断を目指しています。

オープン型MRI
▲ページトップに戻る
診療時間
 9:30~13:00
16:00~19:00

休診日木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

お気軽にお問い合わせください

079-565-1015

〒669-1512 兵庫県三田市高次1丁目2番5号

JR宝塚線(福知山線)「三田」駅 北側ロータリーすぐ
PAGETOP
Copyright © 2019 なかじま脳神経外科クリニック All Rights Reserved.
高血圧について 認知症について
高血圧について 認知症について ページTOPへ戻る